TOP > article > 

第二回西伊豆グルメ&温泉PWCツーリング

ゲレンデ情報

第二回西伊豆グルメ&温泉PWCツーリング

GTI130
第二回西伊豆ジェットスキーツーリング

東名 海老名SAに集合!

※画像をクリックすると拡大します。拡大画像の右半分をクリックすると次の画像が開きます。

MGマリーン(千葉)が主催する、西伊豆ジェットツーリングが開催された。
このツーリングは第一回の参加者に大好評だったため回を重ねて二回目の開催となった。思う存分ジェットを満喫するにふさわしいツーリングコースは、土肥港から石廊崎を往復するという距離にしておよそ100kmだ。おそらく日本一のチョーロングコースかな。昨年開催の第一回目は海が荒れたため途中で引き返すことになったとのことだけど今回は無事に石廊崎で折り返して完走することができたのか!? 
過去に幾度も挑戦したけど波に阻まれ石廊崎に行けなかったというメンバーも居るくらい運が必要なコースだ。

前日までの梅雨空が嘘のように晴天となった6月4日早朝6:30、東名高速(下り)海老名SAにジェットを牽引したクルマが大集合! 久しぶりの再会やこの日の為にジェットスキーを買い替えた気合いの入ったメンバーなども居て会話を楽しみたいところだけど、早々に挨拶を交わし渋滞が長くならないうちに西伊豆は土肥港にむけて一団となって出発~!

牽引している姿もカコイイ! MGマリン斎藤代表からの挨拶 富士も美しい天候のもと一路土肥港へ
第二回西伊豆ジェットスキーツーリング

“いちごプラザ”でハイ!チーズ!

海老名SAから東名高速を下り沼津ICから修善寺道路、西伊豆バイパスを経由して目的地の土肥へ。

ジェットを牽引しているクルマが列を連ねての走行は、これまた迫力だ。他のクルマへの配慮や安全のため無線にて車線変更の連携を取りながらの走行は見ていても気持ちがイイ。海だけでなく路上でのマナーも良いジェット集団だ。
途中で合流したメンバーも含めドライブイン“いちごプラザ”で休憩をとり記念撮影をして再出発!

そして予定通りに土肥港に到着し、ユニック車で下架を開始。
(この日の為に今回お世話になるマルト旅館さんの協力により特別に上下架の許可を得ています)
手慣れた作業で次々とジェットが海に降ろされ数十分で出港準備完了!

一団となって目指すは西伊豆! ドライブインで休憩 土肥港に到着!
ユニック車で下架開始! 出発前の様子 下架も終わりいよいよツーリング!
第二回西伊豆ジェットスキーツーリング

出発前の21艇集合ショット!

さてさて、ツーリングスタート前には21艇で列を作りお約束の集合写真。ホントみんなすっごく良い顔です。
そして、先導艇と共に石廊崎むけて21艇のジェットが一斉にスタート!

先導艇の周りを各自安全な距離を取りながら自由に走って行く様子は、見ていても爽快だ! 先導艇の引き波で楽しんだり、時折全開でカッ飛んだり、とにかく海の上は開放的なフィールドだ。
土肥から黄金岬~松崎~雲見と途中ドリンク休憩を取りながら、伊豆最南端の石廊崎目指してどんどん南下、天候にもめぐまれ穏やかな海面が続く。

とにかくハッピー!! さて石廊崎目指してスタート! ジャンプしながら激走!
HXで参加のツワモノ ん~・・・。男×2のタンデム ん~いいですね~。親子タンデム。
もしかしてモテ時!? 石廊崎までファイト! ん~いいですね~。夫婦タンデム。
お疲れさまでーす。 絶景を見るのも楽しみのひとつ いや~ホント楽しそ~です。
第二回西伊豆ジェットスキーツーリング

石廊崎漁港でアンカリングしてランチタイム!

土肥を出発しておよそ2時間で、ついに目的地である石廊崎に到着。灯台を目印に湾内を徐行しながら石廊崎漁港へ入港し、アンカリングを行い昼食の為上陸!

穏やかな海面に恵まれたとは言え、約2時間走ってきたメンバーは流石にお疲れの様子。数件ある食堂に分かれて、岩のりラーメンや石廊崎定食、イカ焼き定食を注文し楽しいランチタイムが始まった。

同じ達成感を得た仲間達とのランチもツーリングの楽しみのひとつだ。

ふと、漁港から湾外を見ると南風が強くなり白い波が・・・。次へ続く

石廊崎灯台 うまそ~な!さざえのつぼ焼き 和やかなランチタイム
石廊崎漁港に到着 イカ焼きのいいニオイが・・・。 マルトさんカツラが・・・笑